2008年01月30日

手のぬくもり

僕は今までずっと人間の手が嫌いだった。

人間の手は僕たちを叩く為の物だから。

人間の手は僕たちを放り投げる為の物だから。

だから人間の手は大嫌いだ。



20080130-1.jpg



僕は今までそうやって怖い思いをしてきた。

でも僕たちにとってはそれが普通の事だった。

叩かれると怖くて痛いから人間の手は嫌いだった。

だから最初は僕に差し伸べられた手が怖くて仕方なかった。

人間の手が僕の方へ伸びてくると叩かれるのかと思って怖くて仕方なかったんだ。

でもみぞママは僕を一度も叩いていないんだ。

僕にはそれが不思議で仕方なかったんだ。

いつ叩かれるのかと思うと怖くて僕の体はずっと震えていたんだ。

そんな時にみぞママは僕に言ったんだ。

「誰もわさびを叩いたりしないよ。放り投げたりしないよ。
人の手は叩く為にあるものじゃないんだよ。わさびを抱きしめる為にあるんだよ」

そう言ったんだ。



20080130-2.jpg




僕があそこを出た時にみぞママとは違う女の人が僕を抱きしめていたのを思い出した。

初めてお外に出たあの日に寒い中しっかりと僕を抱きしめてくれていたんだ。

一緒に居た女の人たちも誰も僕を叩いたりしなかった。

皆で僕の頭を撫でてくれた。

僕はその時に思ったんだ。

温かい。人間の手が温かい。

そんな風に思ったんだよ。



20080130-3.jpg



あの日から何日も経つけど僕は一度も叩かれていないよ。

僕が悪さしても僕は一度も叩かれていないよ。

みぞママの手はいつも僕を撫でてくれる。

とても温かい手で撫でてくれる。

そうして僕を抱きしめてくれる。

2本の手で僕を抱きしめてくれる。

僕は知ったんだ。

人間の手のぬくもりを知ったんだ。

生まれて初めて人間の手は温かいという事を知ったんだ。

その手のぬくもりを知ったんだ。



20080130-4.jpg



もしかしたら人間はそんなに酷いものじゃないのかもしれない。

僕はそんな風に思い始めていた。

手のぬくもりを知ってから。

人間のぬくもりを知ってから。

そんな風に思い始めていたんだ。。。

ニックネーム みぞ at 21:15| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、わさびくんが踊ってるのを拝見しました!今が、わさびくんの1番幸せで自分でいられる時なんですね〜!見ながら泣きそうになっちゃいました(仕事中だったから我慢しましたけど)。自分に痛い思いをさせる手が、暖かいものと分かってくれるまで、時間がかかりましたよね。私もそうでした。ホントに、前の飼い主が憎くなる時でした。
声帯の件ですが。私の知り合いに獣医が多いので、聞いてみましたが、やはり、完全ではなくても戻るだろうの事。訳のわからない安楽死をさせる医師は、完全な手術はしないだろうと。同じ獣医として、情けないといってました。いつか、わさびくんの声がblogから聞けるといいなぁと。
何か出来ることないかな〜とも。何はともあれ、無意味な安楽死は言語道断なんだ!と。普段診察するのは小動物ではないんですけど命を奪うつらさを、一番知ってるであろう獣医達なんです。
ホントに私も許せない。
わさびくん!がんばるからね〜!
Posted by たこりん at 2008年01月30日 21:59
 COCOは信じられないくらい臆病で、決まった場所しか移動しません。極端に言うと、カドラーとサークルが5メートルくらい離れているのですが、そこの間しか移動しません。それもサークルを開けるとカドラーに走って行くのですが。カダラーからはサークルへ行けません。JOYにつられて、少しだけ、ルート以外??に進出しますが、微々たる範囲です。ボールを転がしてあげても、くわえて、慌てて、カドラー(陣地)に運び込みます。外のお散歩なんて、本当に歩きません。ただ、食いしん坊で、JOYの教育が行き届き???お相伴を求めにはやってきます。可愛いお顔が二つ犬(笑)犬(笑)並びます。つい甘くなってしまいます。5年間のトラウマはなかなか消えないようです。
Posted by joyjoy at 2008年01月30日 22:15
やっと暖かさに慣れたかな?
穏やかな顔みてるとほっとします。
嬉しいなあ♪
Posted by だりりん at 2008年01月31日 02:22
差し伸べた手の温もりを感じ 抱きしめられる喜びを感じてくれる子を通して、
その温もりの心地よさを思い出させてもらえるのに、
叩かれ 放り投げられる子の、痛み 恐怖は そうしている本人に跳ね返らない。
人間の身勝手さを思い知らされます。


Posted by aru.willまま at 2008年01月31日 03:20
手が怖い。
声帯をつぶして、不潔で暗くて狭い所に閉じ込めて
さらに、投げたり叩いたり。。

自治体は、何をしているんでしょうね><

"ぶりき"さんも、いまだに、
目の高さより上に手をあげると
首をすくめて目を閉じてしまいます。

今は木の棒はカジカジするものだと思っているみたいだけど
うちに、来たばかりのときは
棒を見ただけで逃げて居ました。

わっさ〜くんの居たブリーダーは、
論外として
日本人は何でもすぐに結果を求めるようになってしまい
我慢をできない人が多くなったんじゃないかなと思ったりします。

犬も、すぐに言う事を理解できると思っているんじゃないかと。。。
テレビでは芸達者な子達が。
躾方を教える番組があったりして
ものの5分でお座りや伏せを覚えていますよね。

でも"ぶりき"さんに伏せを理解させるのに
半年かかりました。

Migeの躾がヘタクソなのかもしれませんが。。
毎日、遊んでいるとその内、
何かのきっかけで犬は気づいてくれるんだと思います。

それを待てない人が多いんだと思います。

ワンの人生は10年くらいあるんだから
その間にたくさん遊んであげれば
たくさん答えてくれると思うんですけど。。。
Posted by Migeル at 2008年01月31日 22:29
> たこりん 様

人間に叩かれた事がある子はやはり少し怖がるのだと思います。
しかしわさびの怖がり方は尋常ではありませんでした。
人間の手。
どころか、人間の気配を怖がっていましたから。
どれだけ辛い思いをしてきたのかと思うとやりきれません。
わさびはだいぶ声が出ていると思います。
完全には戻りませんが、かすれた声が出ています。
いつの日かワンワン嬉しそうに言いながら遊ぶ姿を見てみたいです。
それがムリだとわかっていても。

Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:41
> joyjoy 様

COCOちゃんの心に染み付いたトラウマは中々消えないんですね。
それを思うと本当に辛くなります。
わさびもそうでした。
でも家の中でははしゃぐようになりました。
だからCOCOちゃんも必ずそうなると思います。
joyjoy様の愛情がCOCOちゃんの辛い過去を消し去ってくれると思います。
その時にもっと広い場所へ行きたい。
そう思ってくれると思います。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:46
> だりりん 様

最近はわさびの笑顔をよく見るようになりました。
尻尾なんて常に高速ブンブン状態です。
そんな姿が嬉しくてね。
人間を許してくれたんだなぁ。。。
としみじみ感じています。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:49
> aru.willまま  様

人間の身勝手で犠牲になる子達。
生きているのに地獄を見ている子達。
山のように居ます。
どれだけ居るのかわからないほどです。
そんな人間達が何の痛みも感じないのはおかしいです。
犠牲になっている子達に生ませた子犬を売りさばき得たお金で贅沢をして。。。
何一つ痛みを感じずに。。。
こんな事が許されるはずは無いんですよね。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:55
> Migeル 様

ぶりきちゃんもそうですか。
過去にどんな事があったのか?
知る事は出来ませんが、その雰囲気で想像をする事は出来ます。
きっとそんな飼い主に飼われていたのでしょうね。
棒を怖がる。
これは明らかにそれで叩かれた経験が無いとそんな反応はしません。

今は色んなペットの番組があって、雑誌があって、情報が豊富にあります。
だから躾も楽に出来そうだ。
これなら家でも飼えるだろう。
ムリなら人にあげればいいんじゃない?
貰い手が居なかったらセンターが何とかしてくれるでしょ?
そういう事ですよね。
犬を飼う利点を前面に押し出して情報を発信するなら、その反対の情報もきちんと発信して欲しいと願います。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 23:02
初めまして、うちにもダックスの女の子がいます。
始めから読ませて頂きました。
もう涙なしでは読めませんでした・・
私の先住犬だった子も(15歳で虹の橋にいってしまいましたが)
色んなお家で虐待を受け、我が家に来ました。
自家繁殖をして、貰い手がなく、トイレの失敗が多い、
なつかないと言われ戻されてはまた次の家・・
そんな風にたらい回しにされ、虐待を受け、元の飼い主はやっかい払いをしたく
嘘をついて我が家に渡しました。
最初は人間の手を怖がり、外に行くのを怖がり、大きな音・声に怯える
そんな子でした。
でも家で暮らすようになって、だんだんとそれは無くなり、
帰るお家があるとわかるとお散歩の大好きな子になりましたが、
やはり急激な手の動きは最後まで馴れることはありませんでした。
とても大人しい子で、誰からも好かれる子でしたが、
ごく数人にしか心を開くことはなかったです。
生き物を道具の一つにしか思わない、許せないことです。
わさび君今まで辛かった分これからいっぱいの幸せになってほしいです。
今はとっても穏やかな顔ですね。
Posted by けいこ at 2008年02月01日 10:20
はじめてコメントしますひらめき
少し前から「ごんあず旅館」を拝見させて頂いておりました。
わさびくん犬(笑)ワンちゃんらしく元気になって来て嬉しいでするんるん
我が家のミニピンくんは里子に来て1年経たないんですが、同じ様にブリーダーのところに6年もいました・・・まだまだトラウマがある様で大変な事も多いですし、私のせいかなぁと悩む事も沢山あります。
でも、里子に来てすぐに私に馴染んでくれたのでとっても感謝しています。
こんなに賢くて可愛い子なのに何故??酷い事が出来るのかと不思議に思います。
「わさびなきぶん」を拝見して、うちの子も同じ様に思っているんだろうなぁと思うと涙が出てしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
本当に許せない気持ちでいっぱいですが、その分大切にしていきたいと思っています。
もっともっとこういった子がいる現状を沢山の人に知ってもらいたいと思います。
私ももう少し余裕が生まれたら一時預かりなどしたいと思っています。
早く実現出来る様に頑張りますぴかぴか(新しい)
保護活動やブログの更新等は本当に大変だと思います。
応援していますexclamation
頑張って下さいexclamation×2
Posted by mie at 2008年02月01日 11:05
わさび君、人の手が撫でてもらったり抱きしめてもらう物だって知ることが出来てよかったね。
うなぎも初めの頃は私たちの手(特に私の手)に敵意丸出しで歯を剥いてましたが、今では、人の手が大好きなうなぎに返信しました。
わさび君も、知らない人の手も大好きになれると良いね!

生まれてからずっと辛い思いをしてきた分、その何倍もたっくさん暖かい愛に包まれて幸せになるんだよ〜〜
Posted by うなぎママ at 2008年02月01日 12:59
叩かれていたコは、ほんとに人のする事を
チラチラ見ていますね。
きっと用心しているのでしょうね、
叩かれないように…
撫でようと伸ばした手にビクッとする、
それは慣れてきてもたまにあります。
優しく声を掛けながら撫でる…
だんだん穏やかな顔になっていきます。
わさびくんの変化もその通りでした。
自分より力の弱いものをいじめる、
そんな悲しいことはもう、無くなって欲しいです。
Posted by かりんまま at 2008年02月01日 19:52
> けいこ 様

ご訪問&コメントありがとうございます。

けいこ様、初めまして。
けいこ様の先住犬ちゃん。
随分と辛い思いをしてきたんですね。
自家繁殖の末にたらい回しで挙句の虐待。
どうしてそんなところにばかり。。。
許せません。命を命と思わない奴らが許せません。
でもようやく安心して暮らせるお家に辿りついたんですね。
きっととても心穏やかで幸せな最期を迎えられたんだと思います。

わさびは今でも私と主人以外の事を怖がります。
それでも少しずつ人と一緒に暮らすという事を理解してきました。
遊ぶ姿は見ているだけで幸せになれます。
これから二度と辛い思いをさせないようにします。

これからもよろしくお願いします。

Posted by みぞ at 2008年02月01日 19:56
> mie 様

ご訪問&コメントありがとうございます。

mie様、初めまして。
ごんあず旅館も見てくださっているのですね。
ありがとうございます。
ミニピンちゃん。
6年も辛い生活を強いられてきたんですね。
想像出来かねるほどの辛さだったと思います。
6年のトラウマは中々消えないと思います。
でも一度人の愛情を知った子は、心を許してくれた子はその人が全てになります。
だから絶対にmie様とめぐり会えた事に幸せを感じています。
私もあんな人間達が許せません。
許されていいはずが無いんです。
そのためにも少しでも私に出来る事を始め様と思い一時預かりやブログを始めました。
mie様も一時預かりをしようと考えておられるんですね。
すばらしい事です。
大変な事も多いです。
むしろ大変な事の方が多いです。
でも幸せに巣立った子を見るとそんな事どうでもよくなります。
生きる力をもらえます。

これからもよろしくお願いします。
Posted by みぞ at 2008年02月01日 20:08
> うなぎママ 様

うなぎ君はパパとママの愛情で大変身しましたね。
だってもうパパママ無しじゃ生きていられないもん。
パパを見つめるうなぎ君のお目目。
みぞうなぎ君のあのお目目、とても好きですよ。
一度は危うい命になりましたが、今が最高に幸せですもん。
わさびも、まだあそこで助けを待っている
子達も、あちこちで辛い思いをしている子達もみんなが幸せになるために生まれてきました。
長く厳しい道のりですが、全ての子が幸せになれるまで続けていきたいと思っています。
Posted by みぞ at 2008年02月01日 20:14
> かりんまま 様

本当にそのとおりです。
手を怖がる子は人間の動きにとても敏感です。
どれだけの事をされてきたのだろう。
どれだけ悲しい思いをしてきたのだろう。
それを思うと辛いです。
それでも必ず人間を許してくれるんですよね。
もう一度信じてくれるんですよね。
それが嬉しくてどんなものよりも最高のプレゼントになります。
だからまた頑張っていける。
これからも一緒にがんばっていきましょうね。
Posted by みぞ at 2008年02月01日 20:20