2008年01月26日

生きるために・・・

この家に来てからの僕はとても穏やかな時間を過ごしているんだ。

僕は生まれて初めて心地良く寝られたんだ。

僕がずっと寝ていたところは硬くて冷たくて汚かったんだ。

でもここの家に来てからはフワフワした物の上で寝かされたよ。

最初はフワフワした物の上に居ると落ち着かなくてなんだかイヤな気分だった。

だから僕はすぐに部屋の隅へ行き硬い場所を探したよ。



20080126-1.jpg



硬くて冷たい場所でしか寝たことが無かったからそこ以外は落ち着かなかったんだ。

でも女の人はすぐにフワフワした物の上に僕を移動させたんだ。

「ここで寝ていいのよ。ここの上は気持ちがいいのよ。体が痛くないから」

僕を移動させながらそう言っていたよ。



20080126-2.jpg



それからその女の人は僕の隣に寝始めたんだ。

僕はびっくりしたよ。びっくりしたから飛び起きちゃったよ。

でもその女の人は当たり前のように僕と一緒に寝始めたんだ。

僕はイヤだったけどフワフワした物の上で寝かされて少しずつ眠くなってきたんだ。

そして僕は生まれて初めてゆっくり気持ち良く眠る事が出来たんだ。

そしてこの家に来てから4日目の朝に僕は又車に乗せらたれたよ。

どこへ行くのかわからなかったけどとりあえず一緒に行ったんだ。

その場所は僕が、僕達が一番嫌いな場所だった。。。

僕の仲間はその場所へ連れられて行くと2度と戻って来なかったから。

そこで 『注射』 という名の変な物を打たれて、誰も息をしなくなるから。

それを打たれると僕の仲間は皆死んじゃうから。。。

それは 『安楽死』 という名前だけど本当はとても残酷な事なんだ。

だって僕達は生きていたいのに、もっともっと生きていたいのに。。。

誰も病気なんてしてないのに。健康なのに。。。

それなのにそこへ連れられて行った仲間は誰も帰って来なかった。

ついに僕の番が来たんだ。ついにその時が来たんだ。僕はそう思って覚悟したよ。

でもその女の人はそこに居る 『先生』 と呼ばれる人にこう言ったんだ。

「シャンプーとワクチン注射と血液検査と健康診断をお願いします。
シャンプー後にすぐに迎えに来ますから」

先生という人にそう言った後に、僕に向かってこう言ったんだ。

「2時間だけ待っててね。お注射されたり血を採られちゃうけど痛くないよ。
わさびの健康の為に調べるんだからね。2時間経ったら迎えに来るからね」

そう言って居なくなったんだ。

それから僕は色んな 『検査』 という物を受けたよ。

生まれて初めて 『シャンプー』 という事をされたよ。

それはとても気持ちが良くて、何だかとてもスッキリしたんだ。

それから少し待っていたらあの女の人が僕を迎えに来たよ。

言ったとおり本当に僕の事を迎えに来たよ。

僕はとても嬉しかったんだ。

あんまりにも嬉しくて僕は思わずその女の人に飛びついたよ。

そうしたら女の人は僕の事を見てこう言ったんだ。

「怖かったのかな?大丈夫だったかな?さあ一緒にお家に帰ろうね」

僕は嬉しかった。生まれて初めて人間の言う事を信じられた。

この人は信じていいのかもしれない。

信じたい。

僕はそう思ったんだ。。。



20080126-3.jpg


20080126-4.jpg


20080126-5.jpg



そうして僕は又このお家に帰って来たんだ。

病院と呼ばれる場所から僕は生きて帰って来られたんだ。

僕の仲間は皆あそこで注射を打たれて殺されていたのに。。。

本当はあの場所は生きるために行く場所だったんだ。

僕は生きる。僕はこれからも生きるためにこのお家に帰って来たんだ。

そう。生きるために。。。

死んでいった仲間のためにも僕は生きていくんだ。。。


続きは又今度・・・











ニックネーム みぞ at 19:40| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保護犬を連れていて、その経緯を話すと
みんな必ず「良かったですねぇ、そのワンちゃん」と言われます。(みぞさんもそうじゃないですか?)
私は心の中で(ちっとも良くない!)と
怒っています。
だって、この子の100倍も1000倍もの命が奪われているのに、
助かればラッキーということなのか?
他の子はアンラッキーなのか?

一握りのワンコだけが幸せで
その他沢山のワンコは殺されるか、虐待されるか、わさびくんのように閉じ込められるか、ほったらかしにされるかしている。
ほんとに腹立たしいです

ごめんなさいね、読んでたら切なくなってこんなこと書いちゃいました。
Posted by かりんまま at 2008年01月26日 20:58
母校の高校の先生にメールを書きました。

ワンの物語を英語の教材として使ってくれないですか?と。。

出典がハッキリしないので
使ってくれるとは、言ってくれませんでしたが
いい教材になりそうと言ってくれました。

母校の子達が少しでも理解してくれればうれしいです。
Posted by Migeル at 2008年01月26日 23:06
 わさびちゃん達やCOCO以前の犬達は何も知らされずに獣医さんへ連れていかれ・・
命を絶たれて・・・。地獄ですね。初めての外出が、死への外出!!それまで、一生懸命に子犬を産み、育て、ブリーダーの為に働かされて・・・。大事にされたり、感謝されるわけでもなく・・・。
 こういう人たちは天国へは行けませんね
犠牲になった犬達の冥福を祈らずにはおられません。かわいそう過ぎます。
 わさびちゃんもCOCOも、助けられたほかのワンちゃんも幸せにならないと・・・。
Posted by joyjoy at 2008年01月26日 23:07
ゆっくりふかふかのところに慣れればいいんだよ。
わさびくん、君は今までの仲間の分まで幸せになってね。
そうすれば、みんなまたわんこに生まれて幸せを取り戻してくれるに違いないと思ってるよ。
だから辛いこともあるかもしれないけど
優しくしてくれる人がいるからがんばろうね。
Posted by だりりん at 2008年01月27日 03:05
我が家の福太郎も、うちの子になってから一ヶ月位は、毛布は勿論、芝生の上も踏もうとしなかったです。毛布・芝生=近付いたら蹴飛ばされる、小屋に蹴り入れられるが染み付いていたらしく、怯えるのみ。毎日二人でオスワリして、言い聞かせてました。今はもう、全然平気で、芝生を体にこすりつけて遊んでますわさびくんも、大好きになってくれるね〜。イイユメ、沢山見ないとねp(^^)q
Posted by たこりん at 2008年01月27日 11:54
> かりんまま 様

言われます言われます。
同じ事言われます。
「この子はついてたのねぇ〜。」 って。
確かにそうです。誰かの目に留まり命が繋がりました。
でも繋がっていない命には見向きもしない人が多いです。
以前話題になった 『崖っぷち犬』 もそうですよね。
助かってあれだけニュースで取り上げられて新しい家庭に巣立って良かったね。
連日ニュースではそう伝えました。
そしてその明るいニュースに誰もが嬉し涙を流しました。
確かにそれはすばらしい事です。
でもまだあの山に取り残されている犬達を思い、涙した人がどれだけ居たんだろう。
むしろニュースで放送しなければいけないのは、まだ山に残っている犬達の方だと思うのですが。。。
『仲間と思われる野良犬達は山の奥へと姿を消しました』
それだけです。姿を消した野良犬達の事はたったその一言で片付けられました。
何かが違うと思うのは私だけでしょうか?
目を向けるべき事を取り違えていると思うは私だけですか?
Posted by みぞ at 2008年01月27日 14:20
> Migeル 様

そうでしたか。
Migeルさんの思いが学校に伝わり、その思いが生徒たちに伝われば、これからの日本は何か変わるかもしれませんね。
子供の頃に 「命を大切にしましょう」 と先生に教えられました。
「命を粗末にしたら罰が当たります」 先生はいつもそう言っていました。
でも大人になると命を粗末にしても罰は当たらないんですね。
どれだけ殺しても殺したりないほどに命が失われています。
その事に子供たちが気づいてくれたら何かが変わるかもしれません。
Posted by みぞ at 2008年01月27日 14:26
> joyjoy 様

初めて外出するのが獣医さんで、病気を治しに行くはずの場所へ殺されに行く。。。
ブリーダーに問題があるのはもちろんです。
でもその獣医にはもっと問題があると思うんです。
獣医とは本来、動物の病気を治し、健康にする役目を持っています。
しかし健康な子を殺す役目までをも持ってはいません。
お金になるから?注射を打つだけだから?
私の掛かりつけの獣医さんは 「同じ獣医として恥ずかしい。どんな心を持ったらそこまでできるのだろうか?」 そう言っていました。
でも今はyasuママ様たちのお陰で、こうやって殺されずにすんでいます。
yasuママ様には感謝しても足りないくらい感謝しています。
Posted by みぞ at 2008年01月27日 14:35
>  だりりん  様

わさびが幸せになる事で今まで犠牲になっていた子達の魂が浮かばれるとは思っていません。
でも幸せにしないと。
必ず幸せにしないといけないんです。
だから私はこのブログを始めました。
汚い人間の犠牲になった子達を知ってもらう為に。
犠牲になった子達の事をいつまでも忘れない為に。
わさびの姿を見てもらいたいと思っています。
Posted by みぞ at 2008年01月27日 14:41
> たこりん 様

福太郎君もそうでしたか。
小屋から出るだけで蹴飛ばされるなんて。
なぜそこまでする必要があったのでしょうか?
到底理解できない心理です。
でも今は本当に幸せなんですね。
まだまだ辛い思いをしている子がたくさん居ます。
その子達の希望に福太郎君がなってくれると思います。
いつまでも幸せにね。
Posted by みぞ at 2008年01月27日 14:45
少しずつ不安から暖かいぬくもりを感じて、
わさびくんの微笑んでいる顔が見たいです。

リンクの件、ありがとうございました。
Posted by naoco at 2008年01月27日 16:52
> naoco 様

今のわさびは毎日元気に遊んで寝て食べて、1ヶ月半前と比べると同じ子とは思えない位に変わりました。
とても素直で純粋で愛すべき子です。
これからは不安の無い一生を送らせたいと思っています。
Posted by みぞ at 2008年01月27日 21:24
『あずきなきぶん』に酔いしれていて、訪問が遅くなりました(^^ゞ

病院=死とは、なんてことでしょう・・・
わさびちゃん、もう何の心配もいらないよ。
いい夢見てね。

以前もコメントしましたが、散歩中に「高そうな犬ね、いくらしたの?」と聞かれる事があります。
経緯はお話しますが、ピーンと来ないようです。
私は、ぽこを迎えてからペットショップに足を向けることが出来なくなりました。
まぁ、もう必要もありませんが・・・

ブログ始めました。
まったりですが、ぽこのこと紹介して行こうと思います。

Posted by まるぽこの母 at 2008年01月27日 22:03
> まるぽこの母 様

このブリーダーもですが、こんな事を請け負っていた獣医もどうなんだ?
と思います。
おそらくですが、この獣医は声帯手術を行っている獣医と同じだと思うんですよね。
お金の為なら獣医としてのポリシーも捨てるんですね。
私には到底理解できない世界です。

ブログ開設おめでとうございます。 o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪
早速お邪魔しちゃいましたぁ。
これからもよろしくお願いしますね。  ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

Posted by みぞ at 2008年01月27日 22:54
ああ。わさびは初めてのお風呂を気持ちいい♪
と感じる事が出来たんだね!
本当に、どこかのふろ嫌いわんこに爪の垢を煎じて飲ませたい(爆)

昔、知識のない子供時代に飼っていたわんこが、
フィラリアで息も絶え絶えだったとき、
それでも少しでも楽になって、もっと長生きしてほしくて
病院に連れて行った日に、その子が亡くなったことを思い出してしまいました。
とっても苦しそうなのでもっと楽になってほしいと願って連れて行ったのに、、、、、
その後落ち着いて考えて、「あれって、安楽死させられたんではないか?」
と気づきました。
私たちはそんな事を望んでいた訳ではなかったのに。。。
知識のない私たちが一番悪かったとは思っていますが、
子供ながらにそれに気がついた時は本当にショックでした。。。
病院って治す所だと思っていたので。。。。。

わさびやまだ救われてないほかの子たちとはちょっと意味合いが違いますが、
なんか、その事を思い出してしまいました。。。
変なコメで申し訳ないっす。。。。。
Posted by おなちゅ at 2008年01月28日 10:39
わさび君が人間を信用できない現実、凄く読んでいて辛くて・・・。
またまた朝から号泣です。
今、こうしている中でも過酷な日々を送っているワンちゃんがいるんですよね。

私は幼い頃から犬と猫がいる生活が当たり前でした。6年前に死んだロン(享年14歳)、癌でした。母が先生に告げられた事、「手術はできます、しかし、ロンくんは十分に苦しみました。安らかに眠らせることをおすすめします。」と、母は苦しんでいたロンを知っているので安楽死を選択しました。
私は別の場所で暮らしていたので、母から電話をもらい、ロンの死を知りました。辛くて仕事中なのに涙が止まらず・・・。「ロンは頑張ったね。」っと。
死の重みは人間だけじゃなく、犬や猫にもあるはずなのに・・・。
ロンの安楽死はロンが選択したことでもあると思っています。
死を望んでいないワンコ達を安易に安楽死ささる人間は許せません。
わさび君は、生きるためにみぞさんに会う運命だったんだと思います。
だから、わさび君、長生きして下さいね。
Posted by 花・風の母 at 2008年01月28日 10:59
> おなちゅ 様

『安楽死』 これは文字通り、安らかに楽にする為に選択する死の事を言います。
病気で手の施し様の無い子。
飼い主さんも悩んだ末に選択する死の事を言うと思うんです。
でも病気でも何でも無い健康な子を邪魔だからという理由で注射を打ち、殺す事を 『安楽死』 とは言いません。
このブリーダーと獣医はお金の為に何頭もの健康な犬を殺してきました。
ブリーダーはもう子供を生ませるのに年齢的に厳しくなってきた子は用済みだから薬殺してきました。
とはいえ、まだ5歳くらいですよ。
そして獣医はお金を貰えるから若くて健康な子をも何頭も殺していました。
信じられないでしょ?
安楽死ではなくてただの虐殺です。
そうやって消えていった命がたくさんあったんです。
わさびはその頃にはまだまだ若かったから生き残っていたんです。
だからという訳ではありませんが、その子達の分も生きなくてはいけないと思うんです。


Posted by みぞ at 2008年01月28日 12:19
> 花・風の母 様

ロン君は病気でたくさん苦しい思いをしてきたんですね。
でも最期は安らかに眠らせてあげたい。
お母様のとった選択は間違っていないと思います。
『安楽死』 とは本来そうやって選択されるべきものだと思います。

でも最近は、吠え声がうるさくて近所から苦情が来たからもうこれ以上飼っていられない。
だけどセンターへ連れて行くのはかわいそうだから、病院で安楽死させよう。
そんな人が居るそうです。
安楽死をあまりにも勘違いしていると思うのですが。。。

わさびが居たブリーダーはもっと酷いですね。
頭数が増えてきたから年齢が高い子は殺しちゃえ。
そうやって獣医のもとで殺されていました。
元気なんですよ。誰も病気なんてしてないんですよ。
まだまだ後10年は生きられる若さなんですよ。
どんな風に育ったらそんな考えを持つ人間になれるのでしょうか?
でも実際にこんな現実が山のように溢れているんですよね。
Posted by みぞ at 2008年01月28日 12:35