2008年04月30日

しじみくん

この前僕のお家にまたダックス君がやって来たんだよ。

ママが言うにはこの子もひじき君と同じところから来たんだって。

ママはその子に1ヶ月も前に会っていたのに、助けるのが遅くなった事を悔しがっていた。

まさかそこに居るとは思ってなかったから本当に驚いたんだって。



20080430-1.jpg



一度飼い主に捨てられたけど、やっぱり一緒に居たいと言ったその気持ちが、
まさか嘘だと思わなかったから。。。

そこに居たことがどうしても信じられないし、悔しかったみたいだよ。

僕も悔しいよ。

だって一緒に居たコーギーの子だけを連れて帰って、
どうしてこの子を置いて帰ることが出来たの?

どう考えたっておかしいでしょ?

だってそこに居たら何日か経ったら殺されちゃうんだよ。

殺される事がわかっててどうしてそこに置いていけるの?

僕にはさっぱりわからないよ。

でもこの子の命は繋がった。

再び明るい太陽の下を歩くために。

今度こそ2度と離れない家族と巡り会うために。



20080430-2.jpg



とっても明るいお顔で笑うんだよ。

とっても人が大好きで全身で嬉しさを伝えるんだよ。

僕は思ったんだ。

この子は僕が大好きだったひじき君に似てるんだなって。

だから僕はこの子とも仲良くなれるかもしれない。

そう思ったんだよ。



20080430-3.jpg



みんなでひなたぼっこしたんだよ。

僕とつくねお兄ちゃんとこの子と。



20080430-4.jpg



ごんたお兄ちゃんとあずきちゃんと。

みんなでお庭で遊んだよ。

この子もとっても楽しそうに笑っていたよ。

元気いっぱいにお庭を走って遊んでいたよ。



20080430-5.jpg



僕はこの子と仲良くなりたいから思い切って名前を呼んでみたんだ。

「しじみ君」 って、思い切って呼んでみたんだ。

しじみ君は嬉しそうに尻尾を振って僕と追いかけっこしてくれたんだ。

また僕のお友達が増えたんだ。

これから毎日一緒に遊ぶんだ。

これから毎日一緒に笑うんだ。

僕達の毎日は楽しくなると思うんだ。



20080430-6.jpg



でもしじみ君には一つだけ気になることがあるんだって。

僕にその事をお話してくれたんだ。

今まで一緒に暮らしていたコーギー君の事が気になってるんだって。

元気にしているのか?

又捨てられたりしないか?

心配しているんだって。

今の僕達に出来ることはその子の幸せを願うことだけ。

それしか出来ない事が悔しいって言ってたよ。

しじみ君の思いはいつかもとの飼い主に届くことはあるのかなぁ。。。

しじみ君の思いに気付くことはあるのかなぁ。。。

どうなんだろうなぁ。。。








ニックネーム みぞ at 20:18| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

暗闇さえも照らすほどに

僕はこの前そると君とせさみちゃんと一緒にお出かけしたんだよ。

お出かけした理由はせさみちゃんのお見合いの為だったんだ。

お見合いって何?

何だかよくわからなかったけど僕も連れて行って貰ったんだよ。



20080407-1.jpg



僕たちを待ってくれていたのはとっても優しくて温かい人達だったよ。

そると君とせさみちゃんといっぱい遊んでくれて2人とも凄く楽しそうだった。

僕はその時に思ったんだ。

心の優しい人間はたくさん居るんだなぁって。

僕たちの事をとても大切に思ってくれる人間はたくさん居るんだなぁって。



20080407-2.jpg



そると君もせさみちゃんもその兄妹たちも人間の手によって捨てられた。

でも人間の手によって助けられて人間の手によって幸せになる。。。

同じ人間なのに酷い人間と優しい人間が居るんだね。

僕は今まで酷い人間にしか出会った事は無かった。

でもあそこを出てから出会った人間たちは僕の事を思い僕を必要としてくれた。

そると君とせさみちゃんも一度は必要ないからと捨てられた命。

でもその命を必要として大切に思ってくれる人たちが居るんだね。



20080407-3.jpg



僕たちはこの世界に産まれてから出会う人間を選ぶことは出来ない。

出会った人間によって僕たちの運命は大きく変わる。

最初から最期まで幸せに暮らせる子達がいる。

でも最初から最期まで辛い思いしかしない子達もいる。

この違いは何ですか?

どうして辛い思いをしなくてはいけない命があるんですか?

僕には今もまだその答えが見つからない。



20080407-4.jpg



そると君とせさみちゃんはこれからずっと幸せで温かい日々が待ってるんだね。

僕が耐えてきた生活なんかしなくてもいいんだよね。

その命を必要としてくれる人たちが居るんだよね。

一度は見捨てられた小さな命。

でもその命は明るい光を浴びて輝き始めた。

これから先の未来を明るく照らす優しい人たちの手によって。

輝きだした小さな命。

これから先もずっと輝き続けてほしい。

まだ暗い世界に閉じ込められている命さえも明るく照らし出すほどに。

もっともっと輝いてほしい。

その光で暗闇さえも照らすほどに。。。





ニックネーム みぞ at 20:06| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする