2008年03月07日

やさしいひと

僕はあの場所を出てからたくさんの人間に出会ったよ。

僕を助けてくれた人達。

そしてパパとママ。

パパとママのお友達。

とにかく色んな人達に会ったんだ。



20080307-1.jpg



そしてこの前もとても 『やさしいひと』 に会ったんだ。

ひじき君が僕のお家に来る前に居たあの場所。

その 『やさしいひと』 はあそこに居たひじき君をずっと思っていたんだって。

その人は本当はひじき君と一緒に暮らしたい。

でもお仕事が忙しくてあんまりお家に居ないからひじき君に寂しい思いをさせちゃう。

だからひじき君と一緒に暮らすのを諦めたんだって。

でもママがそれでも元気になったひじき君に会って貰いたいって言ったんだ。

そしてこの前、僕も一緒にその人に会ってきたんだ。

ひじき君の事、僕の事、とてもやさしい瞳でみつめていたよ。

その瞳はとても温かみに溢れていて僕は初めて会った人なのに撫でて貰えたんだ。

僕は今でも初めて会う人に触られるのは怖いんだ。

でもその人は僕の頭を撫でてくれた。

不思議だった。

僕は全然怖くなかった。



20080307-2.jpg



僕が変わったのかな?

考えてみたけどやっぱり知らない人に会うのは今でも怖い。

その人は特別だった。

とても 『やさしいひと』 だったよ。

僕は気付いたんだ。

本当のやさしさって、その人を思いその人の幸せを願う強い人の事なんだね。

その場しのぎの優しさなんて、本当に優しいとは言わないんだね。

ひじき君を思い、ひじき君の幸せを願う。

その人は確かに 『やさしいひと』 だった。



20080307-3.jpg



本当の優しさを持っている人。

世の中には本当は 『やさしいひと』 がたくさん居るんだよね。

僕は今まで知らなかった。

でも僕は本当の人の優しさに触れることが出来た。

あそこを出てからたくさんの優しさに出会うことが出来た。

僕は幸運だったのかな?

そうじゃないよね。

本当はみんなが僕のように本当の優しさに出会う事が出来るはずなんだ。

でも今の世の中ではそうじゃない。

一部の卑劣な人間のせいで苦しめられている子がまだまだたくさん居る。

このままではいけないと思うんだ。

目を向けてくれませんか?

みんなの声を聞いてくれませんか?

色んな物でかき消されそうになるそのか細い声を聞いてくれませか?

あなたはきっとその声を聞く事が出来るはずだから。

あなたはきっとその優しさを持っている人だから。

あなたはその強さを持ってる人だから。

あなたはきっと 『やさしいひと』 だと思うから。

何にも負けない 『やさしひと』 だと思うから。。。







ニックネーム みぞ at 12:26| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする