2008年02月01日

繁殖犬からの卒業

僕はここのお家に来てから少しずつ元気を取り戻しているんだ。

毎日ごはんが食べられて、喉が渇いたらお水が飲めて。

当たり前で普通の事だけど僕にとっては生まれて初めての事だったんだ。

『おやつ』 というものも初めて食べたよ。

びっくりしたよ。ごはん以外にも食べる物が貰えるなんて。

だから最初はおやつが食べるものだなんて事に気づかなかったんだ。

でもここのお家の子が食べていたから食べ物だって事に初めて気づいたよ。



20080201-1..jpg



こんなに美味しいものが食べれるなんて僕は生まれて初めて知ったんだ。

食べた後はお外でみんなと遊んだりして毎日楽しく暮らしているよ。



20080201-2..jpg



僕だけこんなに楽しくていいのかな?

あそこに居るみんなはまだ苦しい思いをしているのに。。。

僕だけこんなに幸せでいいのかな?

あそこに居るみんなはまだ悲しい思いをしているのに。。。

でもみぞママとこうちゃんパパが僕に言ったんだ。

「あそこに居るみんなの事は色んな人が色んな方法で助けようとがんばっているからね。
決して諦めたりしていないよ。
だからわさびはみんなの希望になるようにこれからもっと幸せになろうね。」

僕にそう言っていたんだよ。

僕が元気になって幸せになる事でみんなの希望になるなら、僕は幸せになりたい。



20080201-3.jpg



こうやって人間と手を取り合って生きていく道を選ぶよ。

みんなの希望になりたいよ。

人間のお金の為に子供をつくらされる道具ではなくて僕だけの幸せを掴むよ。

そのために僕は手術を受けたんだ。

二度と繁殖の道具にされないように手術を受けたんだ。

手術の後は一人で心細かったけどみぞママは僕をちゃんと迎えに来てくれた。

僕の為に来てくれたんだ。

迎えに来てくれる人が居るってこんなに嬉しい事だったんだね。

一緒に帰るお家があるってこんなに嬉しい事だったんだね。



20080201-4.jpg



僕はこの日初めて心が落ち着く場所があるって事を知ったんだ。

安心して寝られる場所があるって事を知ったんだ。



20080201-5.jpg



そしてみぞママが僕に言ったんだ。

「これで本当に繁殖犬から卒業だよ。
二度と人間のお金の為に利用される事なんて無いんだよ。
わさび卒業おめでとう。」

そう。僕は二度と人間のお金の為に利用されないんだ。

僕は二度とあの世界へ戻る事は無いんだ。

そんな事を思いながら眠りに付いたんだ。



20080201-6.jpg



お腹がいっぱいになるまでごはんが食べられる。

喉が渇いたらお水が飲める。

太陽の下で思いっきり遊べる。

安心して眠れる場所がある。

信頼できる人間がいる。

僕はここに来てからこんなにたくさんの事を知ったんだ。

当たり前の事かもしれないけど僕は今まで知らなかったんだ。

僕はようやくあの世界から、お金の為の繁殖犬から卒業したんだ。

卒業したんだよ。。。















ニックネーム みぞ at 19:39| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする