2008年02月21日

ひじきくん

この前突然ママが僕達に言ったんだ。

「今日から新しい子がくるからね。よろしくね」

そして僕のお家に知らない男の子がやって来た。

その子は僕と同じミニチュアダックスの♂だったんだ。



20080221-1.jpg



ママが言うにはこの子も捨てられた子なんだって。

最初は迷子かと思ったけど、この子のパパとママはとうとう現れなかった。

だからこの子は処分されちゃうところだったんだよ。

なんでだろうね?

どうしてこの子のパパとママは迎えに来なかったんだろう?

雨が降った日に首輪とリードを付けて一人で歩いていたんだって。

おかしいよね。

自分の家族が居なくなったら捜すのが普通でしょ?

でもこの子の家族は誰もこの子を迎えに来なかったんだ。

というよりもこの子は捨てられたんだ。

大雨の日にびしょ濡れになるのがわかっていたのに捨てられたんだ。

この子は体中にゴミと毛玉が付いていてもの凄く臭かったんだ。

お耳も僕と同じくらい汚れていたんだって。

3週間も保護センターという場所で過ごしたけど誰もこの子を迎えに来なかった。

だからママがこの子をお家に連れてきたんだ。

まずはこの子を綺麗にしなくちゃいけないね。

僕がいつもシャンプーしてもらうお店でとっても綺麗にしてもらったんだよ。



20080221-2.jpg



でもね、僕と同じで一回のシャンプーでは綺麗にならなかったんだ。

僕と同じ臭いがしてたんだよ。

だからきっとこの子も僕と同じ様な時間を過ごしてきたのかもしれないね。



20080221-3.jpg



でもこの子は僕と全く違うところがあるんだ。

僕は人間が怖くて仕方なかった。

でもこの子はとっても人間が好きなんだ。

大好きなんだよ。

僕のママにいきなり抱きついて甘えてたんだよ。

僕なんてママに甘えるまで凄く時間掛かったのにね。

ママがその姿を見て言ってたよ。

「この子は最初の頃はきっとすごく可愛がられていたんだろうね。
でも途中でこの子と暮らすのがイヤになったんだろうね。
そうやって随分長いこと放置して挙句の果てに捨てちゃったんだね」

それを聞いて僕は不思議に思ったんだ。

どうして最初は可愛がられていたのに途中からイヤになっちゃうの?

どうしてこんな姿になるまで放っておけたの?

この子が何をしたの?

こんな酷い姿にされるような悪いことをしたの?

ねえどうして?

僕はママに聞いてみたんだ。

でもママにはわからないんだって。

だから僕はパパにも聞いてみたんだ。

でもパパにもわからないんだって。



20080221-4.jpg



一緒にお散歩したりできるんだよ。

僕はお外が怖くてたまらなかったけどこの子は全然平気なんだ。

僕は上手に歩けなかったけどこの子はすごく上手に歩けるんだ。

もう随分前から僕達の家族みたいにいっぱいパパとママに甘えるんだよ。

よっぽど人間が好きなんだね。

この子はママに 『ひじき』 って名前をつけて貰ってたよ。

それを聞いたパパが

「また食べ物なの?」

そう言って皆で一緒に笑ったよ。

ひじき君も一緒に笑ったよ。

とっても嬉しそうな笑顔だったよ。

こんなに素敵な笑顔が出来るひじき君。

だからきっと素敵な家族が見つかるよね。

ひじき君だけの家族が見つかるよね。



20080221-5.jpg



でも僕はやっぱり解けない謎があるんだ。

どうしてひじき君は大雨の中、酷い姿で捨てられなくちゃいけなかったの?

どうしてそんな姿になるまで放っておく事が出来たの?

どうしてひじき君を捨てたの?

どうして 『命』 をそんな簡単に捨てられたの?

ねぇどうして?

どうしてなんだろう。。。





ニックネーム みぞ at 19:59| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

僕のお友達

僕があそこを出た時に、一緒に命を救われた子達が居るんだ。

チワワの可愛い女の子。

イタリアン・グレーハウンドの女の子。

そして僕。

みんな幸せになるためにあそこを出たんだ。

チワワの女の子はすぐに新しいパパとママのお家に行ったんだよ。

そして今はとても幸せになったんだよ。

イタリアン・グレーハウンドの女の子は一緒にここのお家にくる事になったんだ。

でもちょっと事情があって僕達を助けてくれたママのお友達のお家に行ったんだ。

それからしばらくしてここへやって来たんだ。

幸せになるためにここへやって来たんだ。



20080217-1.jpg



イタリアン・グレーハウンドのかのこちゃんだよ。

かのこちゃんもあそこの人間達に子供を産むようにずっと利用されてきた。

あそこを出る時に奴らがかのこちゃんを指差して言ったんだ。

「これは子供をつくれなくなったからお産には使えないよ」

奴らはかのこちゃんに対してそう言ったんだ。

僕もあそこの皆もそうだけど 『これ』 とか 『あれ』 とか。

そんな風にしか呼ばれた事は無かったよ。

でもこれからはちゃんと僕達だけの名前で呼んで貰えるんだ。



20080217-2.jpg



かのこちゃんのお名前はママのお友達が付けてくれたんだよ。

かのこちゃんは名前を呼ばれるといつも可愛いお顔で笑っていたよ。



20080217-3.jpg



かのこちゃん。

僕と一緒で辛い時を強いられてきたかのこちゃん。

でもこれからはかのこちゃんだけの幸せが待っているんだ。

その為に色んな人がかのこちゃんを応援していたんだ。

そしてかのこちゃんは幸せを掴んだ。

二度と寂しい思いも、辛い思いも、悲しい思いもしなくていいんだ。

かのこちゃんだけの家族。

かのこちゃんも見つけたんだ。



20080217-4.jpg



かのこちゃんは新しいお名前を貰って 『リヨンちゃん』 になったんだ。

リヨンちゃんのママは本当に優しくて僕も大好きなんだ。

その温かい手でいつも僕を撫でてくれるよ。

僕の為に涙を流してくれたんだ。

「今までよくがんばったね。偉かったね。これからいっぱい幸せになりなさい」

そう言ってくれたんだ。



20080217-5.jpg



リヨンちゃんは僕のお家のすぐそばに住んでるよ。

とっても広くて綺麗なお家なんだよ。

優しい家族に恵まれて毎日幸せに過ごしているんだよ。

それから僕達があそこを出た後に幸せになったお友達がいるんだ。

トイ・プードルのミミちゃん。

ミニチュア・シュナウザーのCOCOちゃん。

みんな幸せになったよ。

僕と同じ様に辛い思いをしてきたけどみんな幸せになったんだ。

僕の大切なお友達。

まだまだ辛い思いをしているお友達がたくさん居るけど。。。

でもきっといつか必ずみんなと同じ様に幸せになれるよね。

その為にも僕は幸せにならなくちゃいけないんだ。

僕の姿を見て僕のお友達を幸せにしたいと思う人が居るかもしれない。

みんなの為にも僕はもっと幸せにならなくちゃ。

僕のお友達のためにも。。。

ニックネーム みぞ at 19:47| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

僕の家族

僕は生まれて少ししたら家族と引き離されたんだ。

お父さんともお母さんとも兄弟とも。

僕達はすぐに離れ離れになったんだ。

僕の家族。

僕の家族は今何処に居るのかな?

会いたいけど何処に居るのかわからないんだ。

生きているのかそうじゃないのか。

それさえもわからないんだ。

僕の家族は今何処に居るんですか?

僕はあの箱の中に居る間は、生まれた頃の楽しかった事だけを思い返していた。

お母さんの温もり。

兄弟達の匂い。

それだけを思い返して3年5ヶ月過ごしてきた。

そして僕はあの日あそこを脱出した。

新しい家族と出会うために。

二度と離れ離れにならない僕だけの家族を捜すために。

そのために僕はみぞママのお家に来たんだ。

ここでいっぱいお勉強して新しい家族のもとへ旅立つために。



20080211-1.jpg



でも僕はここのお家を旅立つことは無かった。

だってここが僕の本当のお家だったから。

僕の本当の家族はここに居たんだ。

僕を家族にする事にみぞママは凄く悩んでいた。

本当は僕を家族にしたいけど、もっともっと素敵な家族を見つけなくちゃ。

毎日僕にそう言っていたんだ。

僕はどうして皆と家族になれないの?

僕はいらない子なの?

ねぇ、僕は皆にとって必要ないの?

僕は毎日みぞママにそう言ったんだ。

そしてある日、みぞママは僕にこう言ったんだ。

「ねぇわさび、ここのお家に居たら窮屈な思いをさせちゃうかもしれないよ。
ごんたもあずきもつくねも居るから騒がしい毎日だよ。
それでもよければパパとママの子になって皆と家族にならない?」

みぞママは僕にそう言ったんだ。

僕は嬉しかった。

飛び上がるほど嬉しかった。

僕にも家族が出来たんだ。

僕だけの家族が出来たんだ。

楽しい時も、嬉しい時も、寂しい時も、悲しい時も、辛い時も。

僕のそばに居てくれる。

僕を皆で守ってくれる。

僕だけの家族。

僕はやっと本当の家族の愛を知る事が出来たんだ。



20080211-2.jpg



僕の大好きなごんたお兄ちゃん。



20080211-3.jpg



僕の大好きなあずきちゃん。



20080211-4.jpg



僕の大好きなつくねお兄ちゃん。

そして僕はこの日からこうちゃんパパの事を 『パパ』

みぞママの事を 『ママ』

そう呼ぶ事にしたんだ。

皆と同じ様にパパ、ママって呼ぶ事にしたんだ。

最初は照れくさかったけどパパもママも僕が呼ぶとちゃんと振り向いてくれるんだ。



20080211-5.jpg



これからはずっとずっと一緒にいようね。

僕が虹の橋を渡ってもずっとずっと家族でいようね。

どんな時も一緒だよ。

ごんたお兄ちゃんが眠い時は僕も一緒に眠るよ。

あずきちゃんが遊ぶ時は僕も一緒に遊ぶよ。

つくねお兄ちゃんが楽しい時は僕も一緒に楽しむよ。

パパが疲れて休む時は僕も一緒に休むよ。

ママが笑った時は僕も一緒に笑うよ。

どんな時も一緒だよ。

それが家族だよね。

家族ってそういうものだよね。

僕だけの家族。

僕はやっと皆と本当の家族になれたんだ。。。

ニックネーム みぞ at 21:43| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

幸せって?

僕はここのお家に来てからお兄ちゃんができたんだ。

僕はそのお兄ちゃんが大好きなんだ。

つくねって名前だよ。

でも僕は最初からつくねお兄ちゃんが好きだった訳じゃないんだよ。

最初はイヤでイヤで仕方なかったんだよ。



20080208-1.jpg



だってつくねお兄ちゃんは僕を見るなりいきなり飛び掛ってきたんだ。

僕だって突然の事だから驚いて噛み付こうとして闘ったんだ。

でもつくねお兄ちゃんはとっても強かった。


20080208-2.jpg



僕のおでこに噛み付いたんだ。

僕は痛かったけどつくねお兄ちゃんは僕よりも偉いんだって事がわかったよ。

だから僕はつくねお兄ちゃんに逆らわないようにしたんだ。

そうしたらすぐにつくねお兄ちゃんは僕と遊んでくれるようになったんだ。

つくねお兄ちゃんは僕に色んな事を教えてくれるんだ。

「わさびいいかぁ〜。お兄ちゃんの言う事ちゃんと聞くんだぞ」

いつもそう言って僕に人間への甘え方を教えてくれるんだ。

おトイレの場所やお散歩の仕方も教えてくれるんだ。



20080208-3.jpg



そんなつくねお兄ちゃんも捨てられた子なんだって。

捨てられる?

捨てられるってなんだろう?

僕達は生きているんだよ。

毎日を精一杯生きているんだよ。

それなのにその僕達をどうして捨てるの?

つくねお兄ちゃんはお洋服を着てみぞママのお友達のお家に捨てられていたんだ。

今から丁度1年前だよ。

つくねお兄ちゃんは寒い空の下に捨てられていたんだ。

どうして人間は僕達を捨てるんだろう?

僕はこのお家に来てから毎日その事を考えているんだ。

でもその答えはまだ見つからないんだ。

だからみぞママに聞いてみたんだ。

みぞママも考えてるけどまだ答えが見つからないんだって。

『命』 を捨てる。

いらなくなったゴミをゴミ捨て場に捨てに行くように僕達を捨てる。

人間のやる事は僕には全然理解できないんだ。

どうしてこんな事をするんだろう?

捨てるくらいなら最初から一緒に暮らさなければいいのに。。。

捨てるくらいなら。。。



20080208-4.jpg



僕も捨てられそうになったんだ。

ううん、違うな。

殺されそうになったんだ。

僕はもう役立たずだからいらないんだって。

だから殺されそうになったんだ。

でも僕はこうしてちゃんと生きている。

僕達にも 『命』 があるよ。

人間と同じ 『命』 があるんだよ。

その大切な 『命』 を捨てないで。

僕やつくねお兄ちゃんの 『命』 を捨てないで。

みんなの 『命』 を捨てないで。



20080208-5.jpg



僕達はあなたに笑顔を送るよ。

僕達はあなたに感謝を送るよ。

僕達はあなたに愛を送るよ。

そうして僕達はあなたから同じものを貰うよ。

それが 『命』 と 『命』 が一緒に居る意味だと思うんだよ。

それが 『幸せ』 だと思うんだよ。

僕の 『幸せ』 

あなたの 『幸せ』

みんなの 『幸せ』

僕は 『幸せ』 になるんだ。

その為に 『命』 を授かったんだよ。

『幸せ』 になるために。。。












ニックネーム みぞ at 23:20| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

生きるという事

僕は2004年7月に生まれたけど、今まで生きていると感じた事は無かったよ。

暗い世界に押し込められて何をする訳でもなく、ただただ時間が過ぎていた。

どれほどの長い時間だったかな?

どれほどの辛い時間だったかな?

来る日も来る日も箱の中だけを見つめて時間が過ぎるのをじっと待っていた。

光も入らない、何の音もしない箱の中だけが僕の世界だった。

でも僕の世界はそこだけでは終わらなかったんだ。

僕の世界は本当は何処までも広がっていたんだ。

僕は生まれて初めてその事を知ったんだ。



20080204-1.jpg



太陽の暖かさを知ったんだ。

空の青さを知ったんだ。

土のぬくもりを知ったんだ。

朝が来て、夜が来て、また朝が来て・・・

時間というものはそうやって過ぎている事を知ったんだ。



20080204-2.jpg



皆で仲良く遊ぶ事。

皆で仲良く手を取り合う事。



20080204-3.jpg



箱の外の世界には色んなものがあったんだ。

箱の外の世界には色んな人間が居たんだ。

僕が出会った事の無い色んな人、事、物。

その全てが僕には初めてだったんだ。

そして僕は気づいたんだ。

これが生きるという事なんだ。



20080204-4.jpg



時間と闘い、空腹と闘い、死と闘う。

ただ、息を吸い、同じものだけを見つめ、何一つ無い世界。

あんなのは生きているとは言わないんだ。



20080204-5.jpg



太陽を眩しいと感じたり、風が気持ちいいと感じたり。

皆と笑顔でお話したり、皆と一緒に遊んだり。

誰かに愛を与えたり、誰かに愛を貰ったり。

これが生きるという事なんだ。

僕は今生きている。

生まれて初めてそう思える。

これが生きるという事なんだ。

生きるという事なんだ。。。







ニックネーム みぞ at 18:36| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

繁殖犬からの卒業

僕はここのお家に来てから少しずつ元気を取り戻しているんだ。

毎日ごはんが食べられて、喉が渇いたらお水が飲めて。

当たり前で普通の事だけど僕にとっては生まれて初めての事だったんだ。

『おやつ』 というものも初めて食べたよ。

びっくりしたよ。ごはん以外にも食べる物が貰えるなんて。

だから最初はおやつが食べるものだなんて事に気づかなかったんだ。

でもここのお家の子が食べていたから食べ物だって事に初めて気づいたよ。



20080201-1..jpg



こんなに美味しいものが食べれるなんて僕は生まれて初めて知ったんだ。

食べた後はお外でみんなと遊んだりして毎日楽しく暮らしているよ。



20080201-2..jpg



僕だけこんなに楽しくていいのかな?

あそこに居るみんなはまだ苦しい思いをしているのに。。。

僕だけこんなに幸せでいいのかな?

あそこに居るみんなはまだ悲しい思いをしているのに。。。

でもみぞママとこうちゃんパパが僕に言ったんだ。

「あそこに居るみんなの事は色んな人が色んな方法で助けようとがんばっているからね。
決して諦めたりしていないよ。
だからわさびはみんなの希望になるようにこれからもっと幸せになろうね。」

僕にそう言っていたんだよ。

僕が元気になって幸せになる事でみんなの希望になるなら、僕は幸せになりたい。



20080201-3.jpg



こうやって人間と手を取り合って生きていく道を選ぶよ。

みんなの希望になりたいよ。

人間のお金の為に子供をつくらされる道具ではなくて僕だけの幸せを掴むよ。

そのために僕は手術を受けたんだ。

二度と繁殖の道具にされないように手術を受けたんだ。

手術の後は一人で心細かったけどみぞママは僕をちゃんと迎えに来てくれた。

僕の為に来てくれたんだ。

迎えに来てくれる人が居るってこんなに嬉しい事だったんだね。

一緒に帰るお家があるってこんなに嬉しい事だったんだね。



20080201-4.jpg



僕はこの日初めて心が落ち着く場所があるって事を知ったんだ。

安心して寝られる場所があるって事を知ったんだ。



20080201-5.jpg



そしてみぞママが僕に言ったんだ。

「これで本当に繁殖犬から卒業だよ。
二度と人間のお金の為に利用される事なんて無いんだよ。
わさび卒業おめでとう。」

そう。僕は二度と人間のお金の為に利用されないんだ。

僕は二度とあの世界へ戻る事は無いんだ。

そんな事を思いながら眠りに付いたんだ。



20080201-6.jpg



お腹がいっぱいになるまでごはんが食べられる。

喉が渇いたらお水が飲める。

太陽の下で思いっきり遊べる。

安心して眠れる場所がある。

信頼できる人間がいる。

僕はここに来てからこんなにたくさんの事を知ったんだ。

当たり前の事かもしれないけど僕は今まで知らなかったんだ。

僕はようやくあの世界から、お金の為の繁殖犬から卒業したんだ。

卒業したんだよ。。。















ニックネーム みぞ at 19:39| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする