2009年12月07日

僕のお誕生日

12月7日。

今日は何の日か知ってる?



20091207-1.jpg



今日は僕のお誕生日なんだよ。

本当のお誕生日とは違うみたいだけど、僕にとっては今日がお誕生日なんだ。

今日で5歳になったんだよ。



20091207-2.jpg



僕に家族が出来て丸2年。

2年なんてあっという間だね。

この2年で僕は色んなお友達が出来たんだよ。



20091207-3.jpg



この2年で僕の中で大きく変わったことはね。

人間を怖いと思わなくなったことだよ。

初めて会う人にもご挨拶が出来るようになったんだ。

いっぱいナデナデしてもらっても怖くないんだよ。

でも男の人はまだほんの少し怖いけど。。。

それでもご挨拶は出来るようになったんだよ。



20091207-4.jpg



僕は太陽の下で走ったりすることが大好きなんだ。

2年前はまだ足が弱くて走る事が出来なかったけど。

今ではとっても早く走れるんだよ。

太陽の下でいっぱい遊んだあとは大好きなつくねお兄ちゃんと一緒にお昼寝するんだ。



20091207-5.jpg



それから美味しいごはんを食べたり美味しいおやつを食べたり。

毎日が楽しいことでいっぱいなんだ。



20091207-6.jpg



まだまだ辛い思いをしている子がたくさん居る事はとっても悲しいことだけど。。。

少しでも早く素晴らしい世界になることを僕はずっと願ってる。

早くそんな日がくるといいなぁ。

毎日毎日、僕はそう願ってる。

どうかたくさんの子が幸せになれますように。



ニックネーム みぞ at 12:22| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

僕の一年

今日は僕のお誕生日。

12月7日が僕のお誕生日なんだよ。

2007年12月7日に新しく生まれ変わったからママがそう決めたんだよ。

あれから1年色んな事があったなぁ。。。



20081207-1.jpg



沢山の事を経験して、沢山のお友達が出来て、沢山の人間と出会ったよ。

僕にとっては全てが初めての経験。



20081207-2.jpg



最初は人間が怖かったし信用なんてしてなかった。

でも僕はこの1年で人間の温かさを知ることが出来たんだ。



20081207-3.jpg



人間の手が温かいことを知った。

人間の言葉が温かいことを知った。



20081207-4.jpg



大好きな家族に囲まれて毎日幸せに暮らしている。

お腹いっぱいごはんを食べて。

眠くなったらお布団で寝て。

毎日お散歩に行き、太陽の下を歩いているよ。



20081207-5.jpg



今ではこれが当たり前になったけど1年前まではそうじゃなかった。

辛く悲しい時間だった。



20081207-6.jpg



早く全ての事を忘れてしまいたいけど。。。

でも僕はそれを忘れないでいようと思うんだ。



20081207-7.jpg



まだ辛く悲しい目に合っている僕のお友達が沢山居るから。

だから僕は忘れないでいようと思うんだ。



20081207-8.jpg



全ての過去を忘れてしまったらその子達の存在も忘れちゃうかもしれないから。

いつか全ての僕のお友達が笑顔で過ごせる日が来るまでは。

決して忘れてはいけないと思うんだ。



20081207-9.jpg



だから僕は覚えていようと思う。

まだ辛い目に合っている子達の希望になりたいから。

いつか皆が笑えるまで僕は皆の光でありたいと思うんだ。



20081207-10.jpg



まだ暗闇に居る子達に希望の光を与えたい。

少しでも多くの子が輝けるように。

僕の姿を見て欲しい。

ありのままの僕を見て何かを感じて欲しいから。

これからも僕は伝え続けるよ。

ずっとずっと。。。




















ニックネーム みぞ at 19:31| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

がんもくん

がんもくん。

僕の新しいお友達だよ。



20081130-1.jpg



がんも君はこむぎちゃん達と同じ場所から僕のお家にやって来たんだ。

僕はその話をママに聞いた時に、まただねって思ったんだよ。

こむぎちゃん達と同じ場所から来たって事はまた棄てられていたって事でしょ?

また命が棄てられていたって事でしょ?

おかしいよね。

他の皆もがんも君も棄てられたなんておかしいよね。

がんも君はまだまだとっても幼いんだ。

生まれてから10ヶ月くらいしか経ってないんだって。

一緒に暮らしはじめたばっかりなのにどうしてがんも君は棄てられたんだろうね。

僕は不思議でしょうがないよ。



20081130-2.jpg



がんも君は棄てられたことがまだよく理解出来ない年齢なんだよね。

いっつもはしゃいでいたんだって。

ガラス扉の向こう側でいっつも元気に遊んでいたんだって。

ママはその姿がとても悲しかったって言っていた。

元気で無邪気に遊んでいるのに、いきなり殺されちゃうんだもんね。

その最期の瞬間まで遊んでいたのかもしれないと思うととても悲しかったって言っていた。



20081130-3.jpg



がんも君を連れてきて良かった。

見て見ぬフリをしなくて良かったって、ママは口癖のように言っているよ。

色んな人たちのおかげで救えたがんも君の命。

一人では決して救うことが出来なかったがんも君の命。

必ず幸せに導こうって思ってる。

僕もママと一緒に頑張ることにしたんだ。

もしかしたらママが救える命はがんも君が最後になるかもしれないから。

色んな事があったから。。。

がんも君が幸せになったらお休みしないといけないかもしれないから。



20081130-4.jpg



がんも君の幸せを願って僕も一緒に頑張ろうと思うんだ。

がんも君が一日でも早く幸せになれるように色んな事を教えてあげようと思うんだ。

僕はお兄ちゃんだからね。

僕も色んな人に沢山の事を教えてもらったから今の僕が居るんだもんね。

だから今度は僕ががんも君に色んな事を教えてあげようと思ってるんだ。

僕に何が出来るかわからないけど。

でも何だって出来る気がするんだ。

皆と一緒なら何だって出来る気がするんだ。

がんも君にもそれを教えてあげようと思ってるんだ。

がんも君が幸せになるように。

僕も一緒に頑張るよ。






















ニックネーム みぞ at 22:32| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

こむぎちゃん

こむぎちゃん。

僕のお家にまた新しいお友達が来たんだよ。

でもこむぎちゃんはとっても痩せていて怖がりで、まるで昔の僕を見ているようだった。



20080929-1.jpg



それでもこんなに可愛い笑顔が出来るんだ。

だからこむぎちゃんはきっとすぐに元気になる。

僕はそう思ったんだよ。



20080929-2.jpg



こむぎちゃんは赤ちゃんを何回か産んだ事があるんだって。

でも赤ちゃんを育てるのに精一杯で自分はこんなに痩せ細ってしまったんだ。

そのせいで体が悲鳴をあげていたんだ。

いっぱい辛かったみたいだよ。

いっぱい痛かったみたいだよ。

なんでそこまでしてこむぎちゃんに赤ちゃんを産ませたかったのかな?

やっぱりお金のためにこむぎちゃんに赤ちゃんを産ませていたんだろうね。

何処にでも酷いことをする人間が居るんだね。



20080929-3.jpg



ようやく元気を取り戻したこむぎちゃんの体はどんどん回復してるんだ。

今ではもうすっかり元気だよ。

毎日いっぱい遊んでごはんもいっぱい食べてるよ。

こむぎちゃんの本当の幸せまでもう少しかな?

僕はこむぎちゃんのことが大好きなんだ。

だから早く幸せになってほしいと思うんだ。



20080929-4.jpg



こむぎちゃんはとっても優しくてとっても可愛くてとってもいい子だよ。

だからもう少し待っててね。

それまでは僕のお家で一緒に暮らそうね。

必ず何処かにこむぎちゃんと出会うのを待っている家族が居るはずだよね。

僕は毎日こむぎちゃんにそうお話してるんだ。

こむぎちゃんの笑顔を見ながら。。。




ニックネーム みぞ at 17:07| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

みんな幸せになってね

僕のお家に来た子達にはみんな幸せになって欲しいと思うんだ。

もちろん僕のお家に来れなかった子達もみんな幸せになって欲しいけど。

ママはお家に連れて来る子達を選ばなきゃいけない。

本当はもっと沢山の子を連れてきたいけどそれは到底無理な話だとわかってるから。

そんな思いで連れてきた子達だから必ず幸せになって貰わないとね。



20080819-1.jpg



しじみ君はすっごい幸せになったよ。

とっても素敵な家族に愛されて幸せなのがよくわかるんだ。

僕の大好きなしじみ君。

一緒に遊んで一緒に寝て。

毎日が本当に楽しかったんだ。

でも今はもっともっと楽しいよね。

大好きなしじみ君が幸せなら僕も幸せだよ。



20080819-2.jpg



いくら君はこの前僕のお家を巣立っていった。

最初は病気だと言われて僕のお家にやって来た子だけど。

病気だろうと病気じゃなかろうとそんな事関係無いよね。

いくら君はいくら君だよ。

僕の大好きないくら君だよ。

笑顔が素敵で人気があって色んな人に愛されたいくら君。

今はもっともっと愛されてるよ。

本当の家族にやっと巡り会えたんだ。

辛い思いをしてきたけど今はとっても幸せになったんだよ。

おめでとういくら君。

離れていても僕達はずっとずっとお友達だからね。



20080819-3.jpg



そしてだいず君。。。

ママが言うにはだいず君はまだ幸せ準備中なんだって。

本当の家族と一緒に暮らす為に。

だいず君はとても痩せていた。

だいず君はとても辛そうだった。

今もまだ時々辛そうな時があるんだ。

僕にはその辛さがよくわかるから。

わかりすぎるほどよくわかるから。

だからその辛さを少しでも早く取り除いてあげたい。

その為に僕には何が出来るかな?

だいず君の為に僕がしてあげられること。

僕がいつも笑顔で居ることだと思うんだ。

僕がいつも笑顔で居たらだいず君もここは安心できる場所なんだってわかるでしょ?

だから僕はいつも笑顔で居ようと思うんだ。

だいず君の為に笑顔で居るよ。

ずっとずっと笑顔で居るよ。

だから一緒にいっぱい笑おうね。

幸せになろうね。

必ず幸せになろうね。



20080819-4.jpg



みんなが幸せだと僕も幸せだよ。

だってみんなは僕の大切なお友達だから。

僕もみんなもまだ暗闇で苦しんでいる子達もみんな。

幸せになろうね。








ニックネーム みぞ at 20:38| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

いくらくん

1週間前に僕のおうちにまたダックス君が来たんだよ。

今度のダックス君は 『いくら』 君って言うんだ。

しじみ君が居なくなったばかりで寂しかったから僕はとっても嬉しかったんだ。



20080709-1.jpg



いくら君はある日の夜中に一人で暗くて寒い中を歩いていたんだって。

それを見つけた人がいくら君を警察署っていうところに連れて行ったんだ。

その時にいくら君は寒さと怖さでとても震えていたんだって。

僕にはその時のいくら君の気持ちが痛いほどわかるんだ。

僕もたくさん怖い思いをしてきたから。

僕もたくさん寒い思いをしてきたから。

だからいくら君がどれだけ怖い思いをしていたのかとてもよくわかるんだ。



20080709-2.jpg



いくら君はなんで夜中に一人で歩いていたんだろう?

そんな時間に一人で歩いているなんてどう考えてもおかしいよね。

お家から逃げて来ちゃったのかと思われたみたいだけど。

いくら君はとても怖がりさんなんだよ。

そんな子が一人で暗いお外に飛び出すなんてありえないと思うんだよ。

だからもしかして。。。考えたくはないけど捨てられたのかな?

僕はそうとしか思いつかないんだ。

だってそうじゃなかったら捜すでしょ?

夜中に家族が家から居なくなったら必死の思いで捜すでしょ?

それをしないということは。。。

やっぱり捨てられたんだろうね。

どうしていくら君を捨てたりしたの?

どうして寒い中にお外に放り出したりしたの?

いくら君が何かしたの?

捨てられなければいけないほど悪いことでもしたの?

もしいくら君が何か悪いことをしたとしても捨てるなんて絶対にしたらいけないよね。

だっていくら君は命があるんだもん。

生きてるんだもん。



20080709-3.jpg



僕のお家に来る子はそうやってみんな捨てられた子だよね。

どんどん次から次に捨てられるたくさんの命。

おかしいね。

人間っておかしいね。

どれだけ捨てたら気が済むの?

でもいくら君のこれからは必ず幸せになるんだよ。

二度と寂しい思いをしない幸せを手に入れるんだ。

捨てた人間のことなんて全部忘れて必ず幸せになるんだ。

僕にはいくら君の未来が見える。

いくら君は幸せそうに笑ってるよ。

その日が来るまでは僕達と一緒に遊ぼうね。



20080709-4.jpg



そして。。。

またいくら君のように捨てられていた子が居たんだ。

ママはその子に会って来たんだって。

その子を見たときにママはものすごくショック受けたんだって。

あまりにも僕と同じような子だから。

7ヶ月前の僕を見ているのかと思ったんだって。

今はいくら君が居るからどうしたらいいか?

ママは悩んだらしいんだ。

でもやっぱり見過ごすことは出来なかった。

その子が元気になるまでにはきっとたくさんの時間がかかると思うんだ。

ごんたお兄ちゃんと、あずきちゃんと、つくねお兄ちゃんと、いくら君と、僕。

みんなと仲良くなれるかな?

ゆっくりでいいんだ。

必ず幸せになれるよね?

それまではいくら君とその子と皆で仲良く遊ぶんだ。

幸せになるまで僕と一緒に遊ぼうね。














ニックネーム みぞ at 20:43| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

僕と君の約束

最近、僕のママには色んなことがあったんだって。

嬉しいこと、楽しいこと、辛くて悲しすぎること。

色んな事があったんだよ。



20080630-1.jpg



そると君のお家に居た迷子だった女の子がそると君のお姉ちゃんになったり。

可愛い子猫ちゃんに新しい家族が出来たり。

僕の大好きなしじみ君が新しい生活を始めたり。

いっぱい嬉しくて楽しいことがあったんだよ。

でもね、その反対にとっても悲しい別れもあったんだよね。

精一杯生きてきた子が天使になったんだよね。

本当ならあと10年は生きていられた命だったのに。

毎日幸せで大好きな人にいっぱい愛されて生きていけるはずだったのに。

その子は天使になったんだ。

とても辛い最期を迎えたんだって。



20080630-2.jpg



ママは自分の力の無さが悔しくてずっと泣いていたんだ。

思いっきり泣いて気づいたんだって。

救えなかった命を取り戻すことは出来ない。

でもその子の命を無駄にしてはいけない。

二度と同じような最期を迎える子を生み出してはいけない。

いつまでも悲しんでいてはそこから先には進めない。

改めて命の重さに気づいたから。

だから今度は助けるんだ。

絶対に助けるんだ。

そう思い直すことにしたんだ。



20080630-3.jpg



僕もその子に会いたかったな。

会っていっぱいお話していっぱい遊びたかった。

その願いはもう叶わないね。

でも僕は約束したんだ。

次に生まれてくる時には必ずいっぱい遊ぼうねって約束したんだ。

そして僕といっぱいお話しようねって約束したんだ。

その約束は必ず果たされる。

僕はそう信じているんだ。

今度こそ幸せで温かな家族のもとでその一生を全うして欲しい。

だから今はゆっくり静かに眠ってください。

君はこの世界を必死で生きてきたから。

今はその疲れた体を休めてゆっくりと眠ってください。

その疲れが取れたころに必ずまた会おうね。

僕は絶対に君との約束を忘れないから。

ずっとずっと君の事を忘れないから。

僕と君の約束だよ。





ニックネーム みぞ at 23:44| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

僕の6ヶ月

僕はこの前ママのお友達とわんちゃん達と一緒に遊んだんだよ。

初めて会う子ばかりなのにみんなで仲良く遊ぶことが出来たんだ。

楽しかったなぁ。

みんなと一緒にお日様の下で遊ぶのって。



20080612-1.jpg



嬉しかったなぁ。

みんなの笑顔を見ることができて。

ママのお友達もみんないい人だったんだ。

みんな優しくてみんな僕の事を撫でて優しく声をかけてくれたんだ。



20080612-2.jpg



この日は僕があそこを出てから丁度6ヶ月経った日なんだよ。

6ヶ月前の僕は喜びなんて感じた事が無かったよ。

ただただ来る日も来る日も飢えと恐怖と時間と戦っていた。

その僕が6ヶ月の間にこんなに笑えるようになったんだ。

僕の6ヶ月前の姿を知っている人はみんなこう言うんだ。

「とてもいいお顔で笑うようになったね」

みんなそう言ってくれるよ。



20080612-3.jpg




僕は感情を全て押し殺して生きてきたから。

誰かに向かって微笑むことなんて一切したこと無かったよ。

でもそんな僕だって今ではこうして毎日元気に暮らしている。

飢えと恐怖と時間と戦うことなんて無いんだ。

本当の事を言うと今でも人間の事は少し怖いんだ。

でも人間みんなが悪い人じゃないって事を僕は知ったんだよ。

温かい心を持っている人はたくさん居るんだ。

清らかな心を持っている人はたくさん居るんだ。

僕はそういう人間たちと出会うことが出来たんだ。

だから僕はこうして毎日笑うことが出来る。

だから僕はこうして毎日幸せを感じることが出来る。



20080612-4.jpg




6ヶ月前の僕みたいに悲しい思いをしている子はまだまだたくさん居るんだ。

幸せになるために生まれてきた命なのに暗闇に居る子はまだまだたくさん居るんだ。

でも僕のように光の下に出れる子がたくさん居るはずなんだ。

どうかお願いです。

目を背けずに見つめてください。

暗闇の中に居る子を見つめてください。

僕はたった6ヶ月でこんなに元気になったんです。

暗闇で心を閉ざしている子も光が当たれば輝くんです。

僕の6ヶ月がそのことを証明しているでしょ?

僕はこれからこの月日よりももっともっと長く幸せに生きていくんだ。

たった6ヶ月です。

でも僕にとっては大切な6ヶ月だったんだ。























ニックネーム みぞ at 11:18| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

どうしてだろう

この前ママがね、僕のお家に居るしじみ君の家族を募集したんだって。

その時にね、とってもイヤな事があったんだってさ。



20080527-1.jpg



いつも募集記事を書くときはその子の事がよくわかるように色んな事を書くんだ。

だから文章が長くなったり、ちょっと厳しかったりする事も書かなくちゃいけないんだ。

でもしじみ君の事を本当に家族に迎えたいと思ってくれてる人はちゃんと読んでくれる。

ママはそう思っているんだって。



20080527-2.jpg



だからメールがくるのを待ってるんだよね。

でもね、この前はイタズラとか嫌がらせのメールが何件か来たんだって。

それ以外にも 「その犬をください」 なんてたった一言のメールとか。

「ください」  「はい、あげます」 

そうやって渡せるはずがないんだよね。

だってしじみ君はぬいぐるみじゃないよ。

ちゃんと命があるんだよ。

そんな軽はずみに 「ください」 なんて言わないで欲しいよ。



20080527-3.jpg



子犬募集の時には 「それ以上大きくならないならその子がいいです」 とかね。

そんなはずないよね。

だってずっと子供のままのはずが無いんだから。

みんな大人になったら大きくなるでしょ?

大きくなったら 「考えていたよりも大きくなりすぎた」

そんな事を理由にして途中で捨てられて殺されちゃう子が多いんでしょ?



20080527-4.jpg



みんな一度は捨てられた命。

だから今度こそ幸せで二度と手放さない家族に迎えてもらわないと。。。

そんな気持ちでいるのにね。

軽々しく 「ちょうだい」 なんて言わないで。

「命をちょうだい」 なんて言うのと同じことだよね。

しじみ君やみんなの事を心から大切に思ってくれる人。

そうじゃないといけないんだ。



20080527-5.jpg



みんなの未来のために全国に居る人達が、がんばって活動しているんだ。

それを汚い言葉だけで否定しないで。

人それぞれの考え方とかあるかもしれないけど。

やっぱりそんな事言われたらイヤだと思うんだよね。

それなのにどうしてそんな事を。。。

どうしてだろう。。。

ニックネーム みぞ at 23:54| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

思い合う気持ちを持って

僕のママがこの前お出かけしてきたんだ。

僕達ともっと仲良くなるためにお勉強しに行って来たんだって。

ママは僕達といつも一緒に居るけど自分だけの考えに偏ってはいけないから。

そう思ってお勉強しに行って来たみたいだよ。

人間て難しいこと考えるね。

僕達はいつも人間と一緒に居て、ただそれだけで幸せなのにね。



20080513-1.jpg



一緒に遊んで、一緒に寝て、一緒に笑って、一緒に泣いて。

それだけで十分なのにね。

でも僕達と人間が一緒に生きていくためには、
いくつかの守らないといけないルールがあるんだってさ。

それが出来ないと他の人に迷惑をかけて、
一緒に居る事ができなくなっちゃうかもしれないんだって。

そんなのは悲しいから人間はいつもお勉強してるんだって。



20080513-2.jpg



でもそんな中でも僕達の事を本当に愛してくれてるの?

そう不思議に思わずにはいられない人間も居るんだって。

ママはこの前そういう人間と出会ったんだって。

本当に大丈夫かな?僕達と一緒に暮らしても大丈夫かな?

不安に思ったらしいんだ。

でもその人間の愛情の深さを信じたいと思ったみたいだよ。

他にもいっぱいの人間が来ていたらしいけど、その中の一人がこう言ったんだ。

「うちの犬は覚えが悪くて普通よりもどうやら頭が良くないみたいなんです」

そう言ったんだって。

ママはそれを聞いて普通の犬ってどんな犬?

いったいその子に何を求めているのか?不思議に思ったんだってさ。

僕も不思議だよ。



20080513-3.jpg



お互いが一緒に居て安心する。

それが普通の人間と普通の犬だと思うんだけど。

でもある人達はそれだけでは満足しないんだって。

普通の犬よりも頭がいい事を望むんだって。

『お手』 が出来て 『おかわり』 が出来たら人に自慢できるのかな?

それが出来ない犬は頭が良くない犬なのかな?

それじゃあ僕も頭の悪い犬だね。

僕はそんな事出来ないけどママは一度も僕を頭悪い犬なんて言った事は無いよ。

それに僕達が何にも出来ないとしたらそれは僕達のせいじゃないと思うんだよ。

僕達は人間の言葉を話す事は出来ないよ。

でも僕達はいつも大好きな人の目を見て気持ちを読んでお話しているんだよ。

だから言葉は話せなくても心は通じてるんだよ。

でも人間がそれに気づいてくれないだけじゃないか。

そんな訳のわからないごちゃごちゃした気持ちでは僕達に何を求めてるのか?

わかる訳が無いんだよ。

それを僕達のせいにしないで。

僕達は頭が悪い訳ではないよ。

『普通よりも頭が悪い人間』

人にそう言われたら悲しいでしょ?

僕達だって同じだよ。



20080513-4.jpg



お互いを思い合い、お互いを尊重して、信頼出来る間柄。

そうなれれば僕達は一生懸命その思いに答えるよ。

喜んでくれる顔が見たいから一生懸命言葉を理解しようとがんばるよ。

それすらをしようともしないのに一方的に何かを求めるのはやめて欲しいな。

通じ合うことの出来ない心を 『頭が悪い』 なんて言葉で片付けないで。

通じない原因が何なのか考えてみて欲しいな。

お互いを思い合う気持ちを持って。

そうすれば必ず心は通じるのだから。。。
























ニックネーム みぞ at 22:13| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする